川田 貴代美

川田 貴代美 KIYOMI KAWATA

経歴とご挨拶

特定非営利活動法人イエローハーツ

ふかやこども食堂まめっこ

<活動地域>埼玉県県北部

<経歴>
保育士資格 幼稚園教諭免許取得
大学卒業後、5年間保育士として勤務。
1988年 法人設立 デザイン事業部開設 取締役に就任 
現在に至る。

-1996年 飲食事業部開設 15年間飲食業に携わる
-2016年 「ふかやこども食堂まめっこ」発足
-2017年 特定非営利活動法人イエローハーツ設立 理事に就任
理念「すこやかな成長とおだやかな暮らしを守る」
現在の主な活動内容は子どもの健全育成を図る活動として、
月2回こども食堂を開催しています。
食事の提供 イベント開催(知育遊び リトミック 音楽鑑賞会 栄養相談など)
食育の一環として もやしの収穫体験 うどん打ち体験など

<メッセージ>
こんにちは。
こども成育インストラクターの川田貴代美です。
私は現在埼玉県でこども食堂の開催、活動をしています。

昨今、核家族化、女性の社会進出、離婚率の増加など様々な社会状況の中で家族で食卓を囲む機会が少なくなっており、子どもの孤食が懸念されています。地域のコミュニティ、たまには皆で食卓を囲んで食事を楽しみながら子育ての悩み喜びを共有できたら。子育ては孤立してはいけない。そう考えた時に子育てを終えた今の私にできる事、それは家庭で作る料理をふるまう事でした。これがこども食堂発足に参画したきっかけです。

食事の仕度は毎日の事ですし、メニューに悩み、好き嫌いもあるし栄養バランスまで考えると頭がいっぱい、大変ですよね。皆さんの家庭の食事のシーンはどうでしょうか?
「早く食べなさい」 「好き嫌いしないで野菜もちゃんと食べなさい」 ?!?!
おとうさま おかあさま お子さまと食卓を囲んでいますか?
笑顔で「ごはんおいしいね」って食べていますか?
一日24時間、お子さまと食べる食事の時間を少しだけ増やして楽しみませんか?

よく噛む事は歯や体にとってとても大切、好き嫌いがあるのはちゃんと意味があるんです。子どもにとって大切なのは何を食べるかよりも「誰とどう食べるか」大好きな人と食べる食事は心を豊かにし、健やかな体の成長に繋がります。

皆さまにご紹介する「げんき食」は発達心理学・口腔医学・ 食育理論・母子保健学 これら4つの分野に基づいたカリキュラムにより子どもの食べる力をサポートします。子どもの成長に食は深く関わります。食と会話を通じて地域で子育てができる事、それが私の願いです。

©  一般社団法人 日本こども成育協会.