イヤイヤ期には、ママは「戦略家」たれ!

こどもの心理発達のスペシャリスト沢井佳子先生と、料理芸人で自らも3歳と5歳のお子さんのパパである

クック井上。さんのトークショーレポート第2弾。

今回は、2~3歳のお子さまの困りごとで筆頭にあがる「イヤイヤ期」の攻略法をご紹介します。

前回の記事はこちら

▷イヤイヤ期おめでとうーソノママホリデー 沢井佳子先生トークショーより

 

前回の記事では、「イヤイヤ期」がなぜ「おめでとう」なのか、

その理由について沢井佳子先生が解説してくれました。

 

確かに「認知発達がそこまで進んだ証」として喜ばしいことばわかる。

 

けれど実際の話、「イヤイヤ」となんでも言われてしまう状況は

なんとかしたい…というのも事実ですね。

 

そんなお母さま方に対して、「ママは戦略家であれ」というのが

沢井先生からのアドバイスです。

 

こどもは1歳児ぐらいから物事をしっかり理解しています。

「あれを持ってきて」とお願いすれば持ってくることができますし

「どっちが好き?」と聞けば、選ぶこともできます。

 

そこで、手に負えないような「イヤイヤ」を減らす策として、

選択肢を提示することが有効なのです。

 

「Aにしますか」「Bにしますか」のAとBの要件は

どちらもママにとって好都合なものを設定します。

 

たとえば、これから出かけるときにトイレに行かせたいけれど

遊んでいる積み木を中断するのは「イヤ」というお子さまに対して

 

「じゃあ、あと5分積み木で遊んでからトイレに行く?

それとも、トイレに行ってお菓子を食べてからお出かけする?」

 

と選択肢を提示するというわけです。

 

どちらの場合でも、「トイレに行く」というお母さまの目的は

達することができるのですが、お子さまはこの2つの内容を

まったく異なることとして捉えます。

 

お子さまが能動的に選んだことは守りやすいですし、

日ごろから「どっちにするって選んだときにその約束は守ろうね」ということを

習慣づけておくとさらにうまくいきますよ、と沢井先生は教えてくれました。

 

次回は、2~3歳児の特徴である「ものまね」についてお伝えします。

どうぞお楽しみに!

©  一般社団法人 日本こども成育協会.